ピルってどんなお薬ですか?

こんにちは。名古屋東女性のクリニックの院長の新藤です。

避妊に加えて、生理の調節や生理痛の改善にも便利な低容量ピルについてご紹介したいと思います。
低容量ピルはホルモン剤です。排卵を押さえますので避妊薬として用いられます。
生理中から服用を開始し、1日1錠内服を継続することで排卵が押さえられ正しい服用を継続するとほぼ100%に近い避妊効果が持続します。(低容量ピルを服用中の妊娠率は0.3%でこれには飲忘れが含まれています)

ちなみに避妊効果はあくまで服用中だけのもので、ピルを飲むと妊娠しずらくなるのではないかという心配は無用です。むしろ生理不順の方がしばらく低容量ピルを服用し、生理周期を整えると、ピル中止後には排卵が起こりやすくもなりますので、生理不順を放置せずピルを服用することのほうが将来の妊娠のために有益に働くことが期待されます。また、不妊の原因にもなる子宮内膜症を予防する効果も示されています。

低容量ピル服用中は28日周期で排卵の生理がきますが、排卵のない生理は、生理痛も軽くなり出血量も減少します。
いつ生理がくるかわかり、生理が軽くなりますので、生理に関して大変便利です。

ホルモン剤というと副作用が心配されますが、3割程度の方が感じるのが吐き気やだるさです。通常は2枚目以降になると体が慣れて感じなくなります。1枚目は月経が長引く不正出血を起こすことがありますが、こちらも通常は2枚目以降はなくなります。尚、2枚目以降も持続する場合は内診や検査が必要ですので注意して下さい。10万人に6人程度の頻度で起こるとされる恐ろしい副作用が血栓症です。予防が大切ですので、脱水の際には水分摂取を、長時間の座位や臥床の際には足をよく動かすことが重要です。

モデルケールをご紹介します。

女子高校生Aさん

生理痛の重いAさんは高校受験に生理が重ならないように初めて低容量ピルを利用し、高校に入ってからも定期試験や部活で忙しいので、生理で困らないように低容量ピルを継続しています。

社会人3年目の20代のBさん

仕事にやりがいを感じプライベートも充実のBさんは、予定外の妊娠はキャリアアップに影響することもありますので低容量ピルでしっかり避妊しています。ピルをのんでいれば海外出張のときも生理をずらせて安心です。

避妊のための30代後半からピルを飲み始めた40代のCさん

家族計画ばっちりのCさんは、妊娠はもう望まない30代後半から低容量ピルを開始し、40歳代になった今も内服を続けています。40歳代になると生理周期がはやまり月に2回生理がきて面倒なんて話も友人からは聞きますが、ピルをのんでいれば生理は28日周期できっちりくるので家族や友人との温泉旅行にも安心していけます。

そして私ですが、大学性から低容量ピルユーザーであります。

開業という予定もありましたので、家族計画を実行するのに大変役立ちました。そして、生理がいつくるかわかる安心感は何ものにも代えがたいものです。
はっきり効果のある薬だからこそほとんど飲忘れなく内服することができています。 血栓症のリスクは年齢とともに上昇しますので、40歳になってピルをはじめて飲むというと副作用が心配になりますが、家族計画を終え30歳代で内服を始めればその点において多少安心です。

以上、体と目的に合えば大変便利な低容量ピルをご紹介いたしました。

▲ページトップへ

mobile

QRコード

新藤先生のもとで行う安心のレーザー治療(医療脱毛・フェイシャル)

スマホで自費ピル オンライン診察

サプリメント外来

求人情報