乳房超音波検査とマンモグラフィは、どちらが必要ですか?

マンモグラフィーは乳腺組織が白く写り、腫瘍も白く写ります。乳腺が発達している場合は乳房全体が白く写り、白い腫瘍が存在するか判断に迷う場合があります。その点では、腫瘍が黒く写る乳房超音波検査が有用です。
一方、乳房超音波検査はリアルタイムで見ていく検査であるのに対し、マンモグラフィは写真を残して左右を比較したり過去のものと比較していく検査です。特に、乳がんの中にできる石灰化の発見にはマンモグラフィーが有用です
双方が補いあう検査と考えていますので、例えばマンモグラフィーと乳房超音波検査を隔年交互で行うのもよいでしょう。

▲ページトップへ

検診は何年ごとに受けるとよいですか?

今年の『異常なし』は『今の時点で画像に現れるほどに育った乳がんなし』と捉えます。来年には今年見つからなかった癌が育って見つかるかもしれませんので、毎年うけることをおすすめします。

▲ページトップへ

胸が小さいのでマンモグラフィが撮れるか心配です。

マンモグラフィは、男性の乳房でも撮影が可能ですのでご安心下さい。
マンモグラフィは、その方それぞれに存在する乳房を前方に引き出し、薄くのばして、写真をとります。大きさには関係なく、乳房の引き延ばしに多少時間がかかる場合もありますが、よりよい写真をとり、乳がん検診の精度を維持するため、ご理解をお願いしたします。

▲ページトップへ

乳がん検診は何歳から受けたほうがいいですか?

20代後半から乳がんの発症がみられますので、
30歳になる頃には乳がん検診を一度受けると安心でしょう。

▲ページトップへ

どんな人が乳がんになりやすいですか?

初潮年齢が早い方、妊娠や出産回数の少ない方は乳がんになりやすいと言われています。しかし、乳がんは近年増加傾向のがんですので、それ以外の方も十分な検診が必要です。

▲ページトップへ

乳がんは遺伝しますか?

乳がんの一部には家族性がありますので、血縁のあるご家族に乳がんの方がいる場合は、25歳から毎月1回のセルフチェック、 年に一度の乳がん検診をおすすめします。

▲ページトップへ

マンモグラフィは痛みがありますか?

痛みが全くないわけではありません。
乳房が圧迫される痛みと、皮膚がひきつれる痛みがあります。
息をはいてリラックスすることで痛みは軽減されます。

▲ページトップへ

乳がん検診の予約は、いりますか?

当院は予約制ではございませので予約の必要はありません。
乳がん検診は午前中のみとなりますので、午前中に直接ご来院ください。

▲ページトップへ

mobile

QRコード

新藤先生のもとで行う安心のレーザー治療(医療脱毛・フェイシャル)

スマホで自費ピル オンライン診察

サプリメント外来

求人情報