なんとなく、からだの調子が悪い方へ

「なんとなく体調の悪さを感じるのに、普通の健診をしても異常が見つからない」ことがあります。医師に「問題ないですよ」と言われても、実際に体はつらいわけです。

こういった場合、体に必要な栄養素が不足している可能性があります。

さまざまな栄養素は本来、食事から摂取するのが理想的ですが、現代の女性のような多忙な生活の中では食生活はどうしても偏りがちになります。

あなたに不足している栄養素は何か、血液検査によりしっかり診断。新藤先生が正しい知識のもとでのサプリメントの活用をご提案します。

なお、ご希望の方へは当クリニックが推奨する医療機関専用サプリメントを処方することが可能です。当クリニックで処方しているサプリメントは、医療機関のみで購入できる品質と安全性の高いものとなっています。また、一般のサプリメントは欠乏症にならないための配合量となっていますが、当クリニックで処方しているのは「医療機関専用サプリメント」です。医療機関専用サプリメントですので、積極的に栄養素を補給して健康のレベルを上げることを目的とした配合量となっています。(サプリメント販売のみの対応も可能です。)

【火曜12時半】と【水曜午前中】の特別予約外来で診療を行っておりますので「受診の2日前」までに以下のWEB予約システムからご予約のうえ受診してください。

サプリメント外来のWEB予約はこちら

まずは身体に不足した栄養素のチェックから

1.「サプリナビ検査」(血液検査 1回25,000円)

体内の栄養素の量を測定し、現在の体の状態を調べます。不足している栄養素を知り、サプリメントで補うことで体調を整えます。

  • ビタミンC(抗酸化作用・皮膚や粘膜の健康維持)
  • 葉酸(赤血球の形成)
  • ビタミンB12(葉酸とともに働きます)
  • ルテイン+ビアキサンチン(視力低下を防ぐ効果)
  • βクリプトキサンチン(動脈硬化を予防する効果)
  • リコペン(紫外線のダメージから肌を保護する効果)
  • αおよびβカロテン(細胞の老化を防ぐ効果)
  • ビタミンA(夜間の視力の維持や、皮膚・粘膜の健康維持)
  • ビタミンE/コレステロール(抗酸化作用により細胞の健康維持)

結果報告は3週後となります。
結果をふまえてご希望のかたには医療機関専用サプリメントをご提案いたします。

2.「酸化ストレスチェック」(血液検査 1回20,000円)

血液検査を行い体内が酸化されている度合いや、抗酸化能力を下記の項目で調べます。

  • 酸化損傷(酸化されている度合い)=CoQ酸化率
  • 水溶性抗酸化物質(抗酸化能力)=ビタミンC
  • 脂溶性抗酸化物質(抗酸化能力)=CoQ10

結果の報告は3週後となります。
結果をふまえてご希望のかたには医療機関専用サプリメントをご提案いたします。

3.ミネラルチェック(血液検査 1回5,000円)

ミネラルは人間が生きていくうえで大変重要な役割を担っておりこれらの一部が欠けても健康に重大な影響を及ぼす場合があります。食事をコンビニや外食ですませているかた、お酒をよく飲む方、ダイエット中の方はビタミン不足になっている可能性があります。 とくに不足しがちとされる4つのミネラルを血液検査で測定します。

  • 亜鉛(舌や皮膚の健康の維持)
  • カルシウム(骨の形成)
  • 鉄(赤血球をつくる)
  • マグネシウム(骨や歯の形成)

結果の報告は2週間後となります。
結結果をふまえてご希望のかたには医療機関専用サプリメントをご提案いたします。

活用事例

これからサプリメントを飲みたいけど何を飲めばよいのか判らないので、何が不足しているかチェックした40代の女性

サプリNAVI検査でビタミンCの不足、ミネラルチェックで亜鉛の不足を認めました。ビタミンCと亜鉛のサプリメントを処方しました。
※1年後には再検査で十分吸収されているかの評価をおすすめしています。

働きづめの40代の女性

酸化ストレスドック検査で、抗酸化物質として大切なコエンザイムQ10が警告値でした。
コエンザイムQ10を含むサビに特化サプリメント「スーパーアンチオキシダント」を処方しました。
※内服を継続して抗酸化物質が増えているかを1年後にチェックすることをおすすめしています。

毎日コンビニ食で疲れや肌荒れが気になっていた20代の女性

サプリNAVI検査でビタミンとカロテンが標準以下でした。
「マルチビタミン」を処方しました。見た目の変化としては肌荒れや口内炎の改善を期待しています。
※栄養素の上昇は1年後の検査で評価することをおすすめしています。

更年期でホルモン療法中の50代の女性

ホルモン療法をしていても頭がスッキリせず記憶力の低下を自覚していて悩んでいました。
サプリNAVI検査で目立った栄養素の不足はありませんでしたが、お悩みの症状に合わせて知性を支える多彩な栄養素をバランスよく配合したサプリメント「メモリードライブ」を処方しました。毎日の目覚めがよくなり、仕事でのパフォーマンスの改善を期待しています。

サプリメント外来のWEB予約はこちら

サプリメント販売のみの対応も可能です。

サプリメントの販売は、「オンライン診療」でも「来院診療」でも行っております。
オンライン診療をご希望の方は以下のボタンからクリニクスに移動し、「栄養療法外来」の「診療方式:オンライン」を選択してご予約下さい。
オンライン診療によるサプリメント販売はこちら(血液検査なし)

どんなサプリメントを扱っていますか?

医薬品製造をする時に必要なGMP認証を受けたサプリメント製造工場で製造したサプリメントです (製薬会社のサプリメントではありません)

⇒GMPとは「医薬品及び医薬部外品の製造管理及び品質管理の基準」のことで、製品の品質と安全性を確保することを目標としています。

サプリメントの原料はどうなっていますか?

原料は食べ物に近く、吸収率や体内利用率の高い「天然原料」を使っているので、毎日服用しても安心なサプリメントです。

サプリメントの原料には「分子の主要な構造を変化させて製造された合成原料」と、「野菜、果物、酵母等から抽出された天然由来の原料」 があります。

合成原料は安価で高濃度というメリットがありますが、あまりに安い原料の物には不要な化学物質混入のリスクもあります。

天然原料は吸収率や体内での働きの面で合成原料よりも優れ、食べ物に近いので栄養素も同時に摂ることが出来ますので安心な反面、価格が高く、濃度が低いというデメリットもあります。

*天然原料は、酵母原料や天然果汁から抽出したものが多く、ロットによって多少色が違うことがあります

添加物はどうなっていますか?

「サプリメントを作るうえで最低限必要な添加物」以外の添加物は使っていません。

サプリメントは以下の添加物を使わずに作ることは出来ません。

サプリメントを作るうえで最低限必要な添加物
★粉の流動性を上げるもの(ハードカプセル、タブレットの製造に必要)
★粉を固めるもの:タブレットの製造に必要
★カプセル原料:ゼラチン、グリセリン、セルロース

これ以外の添加物(増量剤、着色料、甘味料、香料、保存料など)は使わずに作られたサプリメントです。

▲ページトップへ

mobile

QRコード

新藤先生のもとで行う安心のレーザー治療(医療脱毛・フェイシャル)

スマホで自費ピル オンライン診察

サプリメント外来

求人情報